どうしたらトラブルが防げるのか

なぜ契約書をつくるのか

契約とは、契約書を交わすものと考えている人もいるかもしれませんが、実際には、契約書はたいていの場合、交わされることはありません。
言葉だけで約束し、それに対して相手が承諾すれば、そこで契約の成立となります。

しかし、特に高い買い物をする場合、口約束だけではお互いの記憶も曖昧となり、トラブルの元となります。
契約書を作成する最大の目的は後でトラブルが生じないように約束を明確にしておくという点にあります。

契約書の目的は、ある物事についてのとりきめが、「法的」な約束事であることを明確にすることです。
さらに、契約後のお互いの行動を定め、その結果しだいでは双方に法的な強制力を負わせる説明にもなります。
契約書には契約年月日や契約内容を記載します。
また、契約が履行されなかった場合の責任の所在や、損害賠償の内容、約束を解除する条件も定めておくことも重要です。

このように、契約書によって双方の義務や権利、責任をはっきりとさせておくことでトラブルを防ぐことができるのです。

パソコンで契約する際の注意

インターネット取引では、画面を誤って申込みボタンをクリックしてしまうことも考えられます。
画面を誤ってクリックしてしまうと、いかなる場合で取引契約が成立してしまうのでしょうか、業者側が悪意に申込みを誘引している場合は別として、画面の説明をよく読まずにクリックしてしまった消費者の方に不注意があると判断されることは少なくありません。
ただのうっかりミスであっても、過失は過失です。

民法95条ただし書きには、「意思表示において表示者に重大な過失があるときは、表意者は自ら無効を主張することがでない」と規定されています。
したがって、この規定に従えば、クリックしてしまった消費者は重大な過失を犯しており、無効を主張できないということになりかねません。

しかし、パソコンの誤操作によるトラブルは頻発しており、その状況を受けて、平成13年に電子消費者契約及び電子承諾通知に関する民法の特例に関する法律(電子契約法)が施行されました。
電子消費者契約とは、消費者と事業者の間で電磁的方法によってコンピュータと通じて結ばれる契約で、事業者が画面に手続き等を表示し、消費者がそれを読んで、コンピュータを用いて申込みや承諾の意思表示をする契約のことです。
わかりやすく言えば、インターネットショッピングなどです。

この特例法によると、送信したとき、申込みや承諾をするつもりでなかった場合、または送信したときに、申込みや承諾について実際に行った意思表示とは違う内容の意思表示をしたかった場合には、民法95条ただし書の適用はないとしています。

ただ、申込みや承諾について、もう一度その確認画面が適切に表示されており、そこで再度送信ボタンを押すようなしくみになっている場合や、消費者側が、再確認は不要だと意思表示をしている場合には、もううっかりミスとはいえないため、無効を主張することは難しくなります。

契約書には危険がいっぱいある

悪質商法の被害に遭わないようにするためには契約書の記載をチェックすることが大切です。
業者から「ここに判を押してくれればそれでよいですから」と言われるままに契約書を確認せずにサインすることは絶対に避けなければなりません。
一見問題がないように見えてもよく読むと消費者に不利になるような毒が盛り込まれていることもあります。
特に注意しなければいけない条項として以下のものがあります。

  1. 解除条項
    契約解除は、解除権の行使によってなされます。
    解除権には、法律で認められた法定解除権と契約で解除できる事由を定めることでできる約定解除権があります。
    法定解除権は、業者が約束を守らず商品を引き渡さないというように、債務不履行がある場合に認められます。
    一方、約定解除権は、法律で認められたものとは別に当事者の契約により認められるものです。
    契約では、何かトラブルが生じた時に素早く契約関係から離脱できるようにあらかじめ解除できる事由を細かく設定しておくのが通常です。
    ところが、悪質業者の中には不当に解除できる事情を挟めていたり、酷い場合には解除権を認めないといった記載をしたりすることもあります。
    もちろん不当な条項は後々無効と扱われることになるのですが、消費者としてはトラブルに巻き込まれないようにするために
    、解除できる事情についてあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

  2. 期限の利益喪失条項
    期限の利益とは、「期限が来るまでは履行しなくていい」という債務者の利益のことです。
    分割払いの債務を想定するとわかりやすいでしょう。
    期限の利益喪失条項とは、支払の怠慢など、債務者の信用が失われるような一定の事由が発生した場合には、債務者は当然に期限の利益を喪失し、債務の全額を直ちに支払うという内容の約款です。
    消費者側から見ると一度支払を怠ると残額を一括請求されることになります。
    そのため、このような条項があるかどうかについて契約時に確認しなければなりません。

  3. 損害賠償条項
    契約上の債務の不履行によって債権者に損害が生じたときは、債務者は損害の賠償を求めることができます(民法415条)。
    また、当事者は契約であらかじめ損害賠償や違約金の定めを置くこともできます。
    悪質業者は不当に高額な損害賠償額や違約金、キャンセル料の支払を定めていることがあるので、確認の必要があります。

捨印を押してはいけない

日本では契約が成立した場合、その事実の証明として、ハンコの押印かサインをするのが一般的です。

ハンコにはさまざまな種類がありますが、安易に捨印を押すことは絶対に避けましょう。
捨印とは、あとで文書のなかの文字を訂正する必要が出てきたときや、文字を訂正してもよいという許可をもって出しておく場合に使用します。
捨印をするときは、文書の欄外に当事者全員で押印します。
押印する場合は、一般には、文書が縦書きであれば上の部分、横書きであれば左の部分です。
文書が複数ページある場合は、ページごとに押印します。

ただ、捨印は、相手に、文書を自由に訂正してかまわないと約束するものなので。
よほどの信頼関係のある人との間でしか使わないようにしなければいけません。
文書の内容を自由に変更できることから悪用される危険もあるため、なるべく使用しないようにするのがよいでしょう。

暴力行為または暴力を匂わす

要求は応じずご相談ください

暴力トラブル相談窓口 暴力団 ヤクザ みかじめ 脅し 恐喝 脅迫 地上げ 監禁 制裁 親分 下っ端 舎弟 運転手 付き人 縄張り 横柄 ルール違反 暴対法 恐喝 暴力問題相談窓口 暴力問題相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力 脅迫 恐喝 利権争い 地上げ 民事介入暴力 ヤクザ 喧嘩 紛争 ヤクザに追われている 暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察

暴力団または暴力団関係、いわゆるヤクザからの脅しによる金銭の請求があった場合には、大至急当窓口までご相談ください。
例えば、「今までに使ったお金を返せ!」、「(あなたと関係をもった女性が)妊娠したからお金を払え!」、「人の女に手を出した、誠意を見せろ!」、「知り合いにヤクザがいるんだからな!」などと大声で脅かしてあなたに金銭を支払わせようとする場合、「支払ったら終わるだろう…」と安易な考えで一度でも支払ってしまうと、「こいつは脅かせば払ってくる」と思われてしまいます。
それにより金づるにされてしまい、根こそぎ身ぐるみをはがされて用がなくなったら捨てられます。
またこの間は終わるまでずっと怖い思いをして暮らしていかなければまりません。

あなたにも少なからず原因があることなのかもしれませんが、相手方の言いなりにならず、当窓口に大至急ご相談ください。
相手方も、人様(あなた)に金銭を請求する以上、請求にの根拠(理由や原因)が必要です。
例えば、妊娠トラブルの場合、「(あなたが)俺の女に手を出して妊娠した!」という理由であれば、どこの病院で受診したのか、病院の診断書やエコーの写真、実際に発生した費用の明細書などを提示して、請求するのが本来のかたちです。

請求される根拠が不透明な場合には、相手方に根拠を示すよう要求しなければなりませんので、あなただけで対応せず、当窓口にご相談ください。

弁護士と危機管理・警察

調査部門が万全の体制でサポート

暴力問題相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力 脅迫 恐喝 利権争い 地上げ 民事介入暴力 ヤクザ 喧嘩 紛争 ヤクザに追われている 暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察

ヤクザ暴力団関係者からの理不尽な要求をはねのけることができたとしても、後々仕返しや逆恨み等によってさらに怖い思いをするのではないかと、皆さんはそう考えてしまいがちです。
暴力被害相談窓口では、もちろん現実に相手方と掛け合いをさせていただくのは当然のことではありますが、当窓口が最も注意をするのは終わった後のとことです。
年中無休・24時間体制でサポートを行うことができますので、効力沙汰、ヤクザが群れて自宅周辺をうろつくなどがあった場合には、警察と連携して迅速な対応を行いますのでご安心ください、

法律部門

法律の専門家である弁護士が、暴力問題や暴力トラブルに最も適した解決プランを法的に実行します。
民事、刑事と事件の対応については、トラブルの内容や状況、相手方の性格や関係性に応じて様々な方法がありますので、最適な解決プランをご提案いたします。

危機管理部門

あなたの身体的な安全確保はもちろんのこと、精神的な負担の軽減、暴力トラブルを未然に防ぐことにより、暴力団からあなたやあなた本人をはじめあなたの関係者をお守りします。
(夫がヤクザ)DVや暴力行為弱みにつけ込んだ脅迫や恐喝強迫による金銭トラブル「(知り合いにヤクザがいる)悪質な強請り(ゆすり)や集り(たかり)」別れ際や別れた後の嫌がらせ力関係による理不尽な金品や金銭の要求義務や根拠のない脅しによる肉体関係の強要職場や周囲に弱みをバラすなどと脅して要求を通そうとする嫌がらせ行為今から家に行くなどと告知する精神的な脅し、など直接の攻撃や強要・脅迫に対し訓練を受けた人員が万全にお守りします。

調査部門

あなたの個人情報(自宅や職場など)は知られていて、あなたは相手のことがよくわからないという完全にフェアではない状況が非常におおいケースです。
このような場合、あなたが今把握している情報からお調べし、可能な限り対等な状態で対応できるようにする必要があります。
そのために暴力被害相談窓口では、必要に応じた情報収集や裏付け調査、暴力現場の証拠収集をを調査部門にて行うことができます。
調査業務を行うためには都道府県公安委員会への届出が法律で定められており、男女問題相談窓口の証拠調査部門は、法令遵守の観点から東京都公安委員会に届出を行い調査業務を行なっております

脅しによる請求には

一切応じずにご相談ください

暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察 暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察

相手方または相手方の関係者からの脅しによる金銭の請求があった場合には、速やかに当窓口までご相談ください。
例えば、「今までに使ったお金を返せ!」、「(あなたと関係をもった女性が)妊娠したからお金を払え!」、「人の女に手を出した、誠意を見せろ!」、「知り合いに暴力団関係者がいる!」などと脅かしてあなたに金銭を支払わせようとする場合、「支払ったら終わるだろう…」と安易な考えで一度でも支払ってしまうと、「こいつは脅かせば払ってくる」と思われてしまいます。
それにより、いつまでも脅され、その恐怖から支払い続けることになってしまします。

あなたにも少なからず原因があることなのかもしれませんが、相手方の言いなりにならず、当窓口にご相談ください。
相手方も、人様(あなた)に金銭を請求する以上、請求にの根拠(理由や原因)が必要です。
例えば、妊娠トラブルの場合、「(あなたが)俺の女に手を出して妊娠した!」という理由であれば、どこの病院で受診したのか、病院の診断書やエコーの写真、実際に発生した費用の明細書などを提示して、請求するのが本来のかたちです。

請求される根拠が不透明な場合には、相手方に根拠を示すよう要求しなければなりませんので、あなただけで対応せず、当窓口にご相談ください。

暴力被害相談窓口が

選ばれる理由

暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察 暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察

幅広いケースの対応

×

豊富な解決手段

暴力被害相談窓口は、ヤクザからの脅し暴力団との金銭トラブル・不良からの脅迫・金銭の要求・ストーカー被害・いやがらせ行為・リベンジポルノ・つきまとい等など、あらゆる暴力トラブル解決に対応している相談窓口です。
暴力被害の解決は、暴力団対策法(暴対法)によって変わってきてはいますが。私たちは暴力被害相談の精神的なサポートから、具体的な解決プランの着手、相手方と話をつけるまで、あらゆる経験から解決手段を駆使して問題を解決してきました。
私たちは、1日でも早くあなたに平穏な生活を取り戻していただくことを目的として、変化する男女トラブルにも迅速に対応できるよう、日々事案の解析と解決実行のスキル向上に努めております。
ここでは、私たちが選ばれる理由についてご紹介いたします。
男女トラブルで悩まれている方、解決したいとお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

理由⑴ いつでも相談できる

暴力被害相談窓口は、日本全国・年中無休・24時間対応しております。
急な暴力事件の対応から、夜間帯にしか相談できない場合など、警察とも連携してさまざまな状況に合わせて対応を取ることができます。
また、急なトラブルの対応には、ご相談後、即日に対応させていただくことも可能です。

理由⑵ スピード解決

怖くてあなただけでは判断しにくい選択も、経験豊富な担当者があなたに最適な解決プランをご提案させていただきますので、迷わず対応することができます。
また、あなたの問題の状況や相手方の性格を分析し、豊富な経験に裏打ちされたノウハウにより迅速な解決を実現します!

理由⑶ あなたのトラブルに最適な解決プランを

暴力問題相談窓口には、あなた専属の法務部門×危機管理部門×調査部門がありますので、ワンストップでの対応が可能です。
また、法力被害相談窓口では、これまで一律にて対応できなかった、法務部門×危機管理部門×調査部門を融合させ、あらゆる状況下でも最適な解決プラン実行致しますので、まずはお気軽にご相談ください。

理由⑷ 長年の実績と信頼

あなたには専任の担当者が付きますので、ご相談から解決、さらには解決後のサポートもご安心ください。
また、日本全国・24時間対応可能の相談窓口となっておりますので、いざという時もあなたをしっかりサポートいたしますので安心してご相談・ご依頼いただけます。

お電話でのご相談

電話対応時間:年中無休・日本全国24時間対応

電話はこちらへ


メールでのご相談

メール相談:年中無休・日本全国24時間対応

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。


ご相談から解決までのながれ

暴力問題相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力 脅迫 恐喝 利権争い 地上げ 民事介入暴力 ヤクザ 喧嘩 紛争 ヤクザに追われている 暴力問題相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力 脅迫 恐喝 利権争い 地上げ 民事介入暴力 ヤクザ 喧嘩 紛争 ヤクザに追われている 暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察

STEP1 お電話またはメールフォームからご相談ください

まずはお電話またはメールフォームからご相談ください(ご相談は日本全国対応しております)。

※毎日多数のご相談をいただいている状況により、お電話がつながりにくい場合がこざいます。その場合はメールフォーム(24時間対応)をご利用ください。

STEP2 解決方法のご提案

「現在のトラブルの状況」「そこに至るまでの経緯」「最終的にどうしたいと考えているのか?」など、事情をお伺いし、解決プランをご提案いたします。
解決の見通しやプランを実行する際の費用等についてもご説明いたします。
当窓口は守秘義務を徹底しておりますので、お聞きした内容やあなたの個人情報などについては、外部に漏れることはございませんので、正確かつ正直に内容を教えてください。

STEP3 手続き費用の提示と委任契約

ご提案させていただきました解決プランと費用等にご理解とご納得頂けましたら、契約となります。
費用等につきましては、事前に詳しくご説明させていただいておりますが、ご不明な点等ありましたら、その場でお気軽にご質問ください。
尚、費用のお支払いにつきましてはクレジットカードも対応しております。
(取扱ブランド=VISA・MasterCard・American Express・Diners Club)

STEP4 手続きの着手と進捗状況等のご連絡

被害の解決に伴い専属の専門チームを編成して解決プランを実行します。
調査など事前に相手方の確認や裏付けが必要な場合には、ある程度時間を要する場合もございますのでご理解ください。
進捗状況等につきましては、チーム担当者からご連絡させていただきます。

STEP5 被害の解決および解決後のアフターフォロー

自分が暴力被害に遭ってしまったという落胆する気持ちと、今まで受けた精神的な恐怖や不安は、解決したからといってすぐに拭いきれるものではありません。
男女問題相談窓口では、解決後は安心して普通の生活を取り戻していただきたいと願っておりますので、解決後も担当スタッフがアフターフォローをいたします。


よくあるご質問

暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察 暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察

当日すぐに依頼したい場合でも対応は可能ですか?

はい、対応は可能です。
ただし、あらかじめご予約が入っている時間帯もございますので、事前にお電話でお問い合わせいただきましたら、当日でもお時間をお取りいたします。
必ず事前に、空き時間のご確認をいただきますよう、お願い申し上げます。
なお、当窓口は24時間対応しておりますのでご安心ください。

相談または依頼したことを家族や知人、会社などに知られることはありますか?

ご相談いただいた内容から依頼内容、あなたの個人情報、相手方の情報はすべて守秘義務が課せられておりますので、知られることはございません。
当窓口では、これまで相談者様とそのようなトラブルになったことはありません。
また、あなたの要望に合わせた連絡方法で対応いたしますのでご安心ください。

警察に相談し、対応してもらえなかった場合でも大丈夫ですか?

刑事事件と民事事件は別問題です。
警察は刑事事件を扱う国の機関であり、民事には不介入の原則があります。
警察は犯罪者に刑事罰を与えるために動きますが、お金を回収してくれるわけではありません。
それはお金の問題は民事事件だからであり、当窓口は民事の事案を専門に対応します。
したがいまして、警察で対応してもらえなかったからといって、あきらめる必要はございませんので、まずはご相談ください。

依頼するときに必要なものはありますか?

相手方の情報(氏名・住所・電話番号・勤務先・業者名など)知っている限りのことや経緯を書き出しておいていただけるとスムーズに対応できますのでご協力をお願いしております。
また、男女トラブルの際には、相手方とのやりとりが記録されている物、金銭トラブルの際には、支払ったことを証明する書類(銀行の振込明細、借用書など)がありましたら同時にご持参ください。
その他、ご依頼を受けるに伴い、あなたの身分証明書と印鑑、着手金が必要となります。


暴力被害のご相談は日本全国

年中無休・24時間対応です

暴力問題相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力 脅迫 恐喝 利権争い 地上げ 民事介入暴力 ヤクザ 喧嘩 紛争 ヤクザに追われている 暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察 暴力被害相談窓口 暴力団 ヤクザ 暴力団関係者 半グレ集団 犯罪者 クレーマー 危機管理 脅迫 恐喝 生活保護 輩 不良 暴走族 先輩後輩 断れない お金の要求 強要 縁を切りたい 男女トラブル 金銭トラブル トラブル 美人局 ホスト ホステス キャバ嬢 風俗嬢 暴力被害 相談窓口 緊急 警察

北海道

北海道

東北・北陸

青森県岩手県秋田県山形県宮城県福島県

新潟県富山県石川県福井県

関東

栃木県茨城県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県

中部・東海

長野県山梨県静岡県愛知県岐阜県三重県滋賀県

関西

京都府奈良県大阪府兵庫県和歌山県

中国・四国

岡山県鳥取県島根県広島県山口県

徳島県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄

大分県福岡県宮崎県佐賀県長崎県熊本県鹿児島県

沖縄県

お電話でのご相談

電話対応時間:年中無休・日本全国24時間対応

電話はこちらへ


メールでのご相談

メール相談:年中無休・日本全国24時間対応

ご連絡方法でお電話を選択された場合のご連絡には、部門の担当者の携帯電話から折り返しをさせていただく場合もございます。その旨ご了承ください。